タンザニアの料理

タンザニア基礎情報局 - The Tanzanian basic Information Board
タンザニア国立公園

タンザニアの料理について

タンザニアにおいて、主食として親しまれているものには「ウガリ」や「ワリ」、「マトケ」と言ったものがある。

ウガリはトウモロコシの粉に水(お湯)を混ぜ、練って団子状にしたもの。

ワリは米のことである。

マトケはバナナだが、甘くはなくイモに近い。

これらの主食に、多くは揚げた魚か肉を副菜に、もしくはムチュジと呼ばれる豆や牛肉を煮込んだトマトスープのようなものをつけて食べる。

部族や地域によって料理法や嗜好は異なるが、総じてタンザニアでは料理のバリエーションは少ないことが特徴である。

生水は危険なので、必ずミネラルウォーターを買うこと。

食堂で出される水もミネラルウォーターという確信がなければ口を付けない方が無難。レストランなどでは炭酸水を注文すれば生水が回避でき、安心して飲める。

また、食堂では普通スプーンやフォークがついてくるが、一般的な家庭では清潔な右手で食事を取る。

イスラム教徒が多い地域だということを頭に入れ、食事のマナーもよく確認しておきたい。

基礎情報

ホーム